2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

14/05/10(土) 発電記録 快晴の1日。HEMSからの時間帯別発電量の考察。

 【10//2014】

天候:快晴
月間SIM値 :748Kw(24.1Kw/日)

本日発電量: 37.4Kw(当日達成率 :155.0%)
累計発電量:326.3Kw(累計達成率 :135.2%: +85.0Kw 13.5日分 +3.5日分)
          (月間達成率 : 43.6% -421.7Kw 20.1Kw/日 )

【本日空模様 画像 南向き】
140510_天候

【当日時間帯別発電状況】
140510_HEMS_発電量

【今月発電累積状況】
140510_グラフ

今日は朝から夕方まで1日、雲ひとつもない快晴の天候となりました!
もしかすると最高記録更新かと期待しましたが、惜しくも5/6と全く同じ発電量となりました。

ちょっとHEMSの数値を6日と比べてみました。
140510_HEMS時間別数値一覧

上が5/6で下が本日5/10の発電結果を時間帯別の数値一覧を並べて加工してみましたが、比較した結果オレンジ色が多い時間で、黄色が少ない方になりますが、5/6は9時台に少し雲が出て0.9Kwほど落ち込んだのですが、その後が約0.1Kwずつ上回っており、結果として±0となったようです。

夕方、売電メーターを見に行こうと庭に出た時にちょうど綺麗な夕焼けになってましたが、太陽の日の入りの場所が、先月と比べてもやけに北側近くにまで傾いているのに気付きました。

140510_日の入り

大体の感覚ですが、中央の星印の箇所がほぼ真西で、今日の日の入りの場所が右肩の下矢印の箇所です。
私のイメージでは2~3月頃は、左側の下矢印辺りが日の入りの箇所だったような記憶がありますので、結構移動してます。

既に朝の7時過ぎの時点でかなり太陽が高い位置にありますので、こんなに早いと日が長いというよりも早く日が沈むのでは?と思ったりしてますが、単純に日の出や日の入りの場所もどんどん移動しているため、最終的には太陽が見える時間帯(=天空を通ってる部分)の長さが増えてるはずですよね。

小学校時代に理科で習ったことだと思いますが、その頃よりも今頃に生活の中で不思議に思って学習する方が意味が理解出来るんだな~とつくづく思います。
出来れば勉強したいな~と思いますね。

ブログ村バナー
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 発電記録(日々)

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

お気楽どんさん、こんばんは~

確かに天候や温度、太陽などの位置なども太陽光発電を導入してから更に理解する事が多々あったと思います。

おっしゃられますように学生時代に習ったはずだったのに、興味が薄かったせいもあり、もっとちゃんと学んでおけば良かったと思うばかりです。

ソーラーについて学習材料として取り上げられると色々と深まりますね!大賛成です!

Posted at 18:40:48 2014/05/11 by うぐいす発電所

Comments

 

太陽の出入りする場所が季節とともに変わるのは
不思議ですよね。
ソーラーを設置するまで意識しなかったです。
特に山の高さが変化しているから発電にモロに影響します。
学校教育もソーラーを素材にするだけでも結構な内容が盛り込めますね。

Posted at 06:46:04 2014/05/11 by お気楽どん

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks