2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

14/07/28(月) 発電記録 昨夜から涼しい今日この頃です。ラパンに見るスズキ「エネチャージ」の体感感想。

 【28//2014】

天候:晴れ時々うす曇り
月間SIM値 :661Kw(21.3Kw/日)

本日発電量: 31.8Kw(当日達成率 :149.1%)
累計発電量:628.3Kw(累計達成率 :105.2%: +31.3Kw 29.5日分 +1.5日分)
          (月間達成率 : 95.1% -32.7Kw 10.9Kw/日 )

【本日空模様 画像 南向き】
140728_天候

【当日時間帯別発電状況】
140728_発電量

【今月発電累積状況】
140728_グラフ

昨日・今日と続けて最高気温が30度を越えないせいか、夜から朝に掛けては寒いぐらいで昨夜も今夜もエアコン知らずで過ごせるぐらいです。
まるでもうすぐ秋?と間違えるような雰囲気で身体にとっては過ごし易いです。

さて発電の方は?と言いますと時間帯別グラフがちょっとイビツな形になってます。
朝は快晴と言えるほど綺麗な青空だったのですが、思いのほか徐々にうす曇りが出始めたりと、気象庁の日射量を見ますと、30k台を達成しているときと比べて2割程度落ち込んだ状態でしたので、25~28K程度かと想像してましたが、何とか30Kは越えてくれてました。

午後だけを見ると昨日よりは少しずつ低いものの綺麗な山型が半分実現出来てます。
午前中がちょっとイビツですが、9,10時台がすごく頑張ってくれたのが30Kを越える要因だったようです。

これで月間SIM値まで残り32kwとまで近づきました。
1日快晴だと一機に達成してくる可能性もありますが、明日も曇り晴れの予報なので、ここは1日おいて明後日の7/30に月間SIM値達成を迎えたいと思います。

さて代車であります「ラパン」に乗り始めて既に4日程度となりました。
実は毎日通勤で乗るという意味では、何度か手放したスペーシアよりも、乗ってる回数/時間も多い事になります。

今日はこれまでの代車も含め4台ほど乗って来ました、スズキのエネチャージ&アイドリングストップについて、感想を述べたいと思います。

まず、この夏の暑い時期に「エネクール」を体感し、大変便利だと実感しました。
これまでの他社を含めた車種では、信号停止などでアイドリングストップになると、エコアン自体も停止し、送風状態となってしまうため、長い時間の停止だと暑さを覚えましたが、スズキが誇る「エネクール」は、保冷材のようなものでエアコンが動作中に凝固させ、アイドルストップとなるとこの冷えた保冷材を介して送風する事で、エコアンが停止した後でも涼しい風を維持する機能ですが、これが大変嬉しい機能です。
1分程度であれば、冷気が続くので、ほぼ停止知らずで快適に過ごせますので、イチオシです!

但し、スズキに限ったことではありませんが、意外とアイドリングストップは有効にならないシーンが多数存在します。
例えばもうすぐ交差点で信号停止と分かっていても、その手前で一旦停止してしまうと、アイドリングストップとなり、少し前のクルマが動いたのでブレーキを離すとすぐさま再始動しますが、ものの数mだけ移動した後、本当の信号待ちとなっても、アイドリングストップとなってくれません。
再始動後に、大体30m程度走ると、アイドリングストップ待ち状態となるのですが、それ以下で再度停止した場合は、アイドリングストップがまだ有効になりません。
肝心な停止時間が長い時にストップしてくれませんから、燃費が良くならないときが発生します。

また信号待ちでアイドリングストップ状態で停止してると、信号待ちが長いと何故か勝手にストップを解除してアイドリングを開始するようです。恐らくバッテリーの電力状態を管理していて、蓄電が低下すると再始動するようですが、最初はちょっとビックリしました。

あと、私が現在お借りしてる代車だけかもしれませんが、通勤に片道約1時間の距離で、半分ぐらい信号待ちもない道を60km定速で走っていると、アイドリングストップ可能状態のランプが消え、実際に信号待ちになってもアイドリングしたままでした。
しばらく10分ほど走り続けるとまたアイドリングストップ可能状態のランプが点灯したのですが、その1回だけ変な動作となっておりました。

それにしても4日目にしてかなり出だしが遅く感じるクルマのアクセル操作にも慣れ始め、停止から60kmに到達するまでは少し深めにアクセルを踏むようになりました。そうします加速感ももちろんありますが、エコランプは消えてます。
ただ面白いのは、60km程度の定速で控えめに走ってる時よりも、70kmぐらいまで加速している時の方が、瞬間燃費のエコグラフの動きが逆に良くなっています。

140728_ラパン

CVTの特性なんでしょうか、何となく見ていて、加速した方が良いよ~と言われてるようでちょっと奇妙に感じました。

今回のスズキのエネチャージは燃費向上にもかなり有効で大変魅力ある機能だと思います。
ただ新しい技術に慣れるには古い体質の者には少し時間が掛かりそうです。

ブログ村バナー
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 発電記録(日々)

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

乗って分かる
アイドリングストップ解説
エアコンまで影響が有るとは意外でした。

信号を判定する必要が有りそうですね。
カーナビでも判定機能があるから
その内組込みされそうな予感。

レーダーやカーナビでアイドリング時間を
通知されるのですが
意外と多いです。
ちょっと渋滞に出逢ったらごっつ増えます。
燃費改善に貢献できそうな予感

Posted at 20:59:34 2014/07/28 by お気楽どん

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks