2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

15/02/28(土) 発電記録 2月最終日の夜中に病院からの緊急連絡で目が覚めました

 【28//2015】

天候:曇り時々晴れ
月間SIM値 :360Kw(12.9Kw/日)

本日発電量: 16.4Kw(当日達成率 :127.6%)
累計発電量:346.5Kw(累計達成率 :96.3%: -13.5Kw 27.0日分 -11日分)
          (月間達成率 :96.3% )

【本日空模様 画像 南向き】 ※同じ天候の画像を再利用
150228_天候

【当日時間帯別発電状況】
150228_発電量

【今月発電累積状況】
150228_月間実績

2月の最終日ですが、グラフが山型でも午後に少し増加傾向の
の形となってますが、日間SIM値をクリア出来、月間SIM値比
96%とまずまずの結果で締めくくれました。
また2月度の結果につきましては改めて別記事でまとめたいと思います。

実は昨夜と言いますか、今朝の夜中の1時半頃に、奥さんの病院から
緊急連絡で電話が鳴り、息子が取ってくれた電話にかわったところ
奥さんが急に吐血したため、病院へ来て下さいとの事でした。

寝起きのため頭が半分回ってない状態で、次女を起こしてすぐさま
病院へ向かいました。
病室では奥さんが辛そうな顔ですが、こちらの事はちゃんと判別
されてる様子でしたが、担当医の先生の話では、現在の無菌室では
処理もままならないとの事で、急ぎICU(集中治療室)に移動する事
になり、そこで待つ事にしました。

1時間ほど待った後でしょうか担当医の先生が話をしてくれました。
先週行なわれた骨髄移植に伴ない、経過は良好だったのですが、
唯一他の患者さんと比較しても、血小板の値がすごく低く、免疫が
かなり低下してるため、咳の刺激で肺から出血が発生し、肺の中に
血が溜まってしまい自力では呼吸が出来なくなったようでした。

そこでICUで喉にチューブを入れて機械の力を借りて人工呼吸器で
一命を取り留めたようです。
もし判断が遅れて無菌室で対応しようとしてたら、1日持たなかったかも
との話を聞いた時は心底ゾっとしました。

まずは移植した骨髄があと1週間程度で血を作り機能が働きだし血小板が
増えてくれば症状も安定するが、それまでは輸血をしながら他の臓器からも
出血が起こらないか当分見守る必要がり、もしかすると危ない状態に陥る
可能性も否定できないので、しばらく連絡がすぐに取れる状態にしておいて下さいと
説明を受けました。

奥さんは麻酔で昏睡状態になってましたが顔を一目見てから帰宅したのが
朝の5時で、それから3時間ほど仮眠を取ってから、午前中に買い物に出掛け
夕方に他の子供達と実家のお義母さんを連れて再度病院へ向いました。

奥さんは意識も回復し、こちらの声は聞こえるようで、人工呼吸器で会話が
出来ないため、ペンで文字を書きながら、まずは自分の状態を教えて欲しいと
言う事で担当医の先生からお聞きした状況をそのまま伝えました。

私達が再度病院へ行くまで、ウトウトと寝てたようで、自分の状況がイマイチ
理解出来ていないこともあり、家族が揃ったせいでもしかしたら危ないと
察知したのかもしれません。

それでも当面は麻酔で意識もない日が続くかと想像してたため、ちゃんと
話が聞けて手振りでも自分の意思が表現出来ることに少し安堵しました。

移植前に担当医の先生やネット上で集めた情報から、免疫力が低下してる状態で
色々出血も含め症状が出るのは覚悟していましたが、もしかすると命に関わる
ような状況に陥るのが実際に発生すると背筋が凍るような思いでした。

今日は会社は勤務がある日でしたが、念のため土日は病院へ行きたいために
休みを事前に取っておいて正解でした。

しばらくは自分の携帯電話が鳴るのにビクビクしながら見守っていくしかありません。

ブログ村バナー
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Category: 発電記録(日々)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks